たとえ私が居なくても              いつか貴方が去っていっても                それでもVana'は 廻ってる..


by Automaticflowers
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

悲しかった夢の話

以前 何か とても悲しい夢を見て

大粒の涙をこぼしてる自分に驚いて

目が覚めたことがあります。


でも、夢の内容は そのときは思い出せなくて

なにがそんなに悲しかったのだろうと 不思議でした。

















ところが今日、なぜか突然 思い出しました。

~~~~以下、夢の話~~~~~


私は どこかで死んでしまっていました。

なぜ死んだのかはわかりません。


でも、死んでいるのはわかっていて

霊体で彷徨っているように思われました。


ほかの誰からも私の姿は見えてないようでした。


私は、自分の愛する人の所へ戻ってみました。



部屋に入ると、愛する人は振り返り 


いつもと変わらない様子で私に微笑んで


    『「〇〇? どうしたの?』

と.....。


その、いつもと変わらない微笑みと言葉に


 (あぁ、私は、もう二度と この微笑みを見ることはできないんだな)


と悟った瞬間、大泣きしていました。





...そして 目が覚めました。



思い出して、今も 泣きました。

夢の話なんですけど 変ですね。
[PR]
by automaticflowers | 2008-10-23 20:13 | ・中の人の話